地上デジタル放送とは

わたしたちが楽しむテレビ放送の中心は、地上アナログ放送から”地デジ”こと地上デジタル放送へと完全移行されました。
日本では、地上デジタル放送は2003年12月より一部の地域において開始され、それは次世代テレビ放送の到来を告げるものとして、多くの人のなかにも印象づいているのではないでしょうか。
国内では大々的にプロジェクトが発足され、アナログ放送からデジタル放送への移行、新しい幕開けをアピールしていました。
そして、2011年7月までにすべての地上アナログ放送が停止となり、”次世代”である地上デジタル放送が全家庭のお茶の間を明るくさせる時代が到来したのです。

アナログ時代のテレビでは、アナログ電波を地上の放送塔から発信し、マンション・アパート・一戸建てに設置されるVHFアンテナ(あるいはUHFアンテナ)によって受信していました。
一方デジタル放送では、0と1のみの情報を電波に乗せて地上の放送塔から発信し、UHFアンテナで受信する仕組みをとっています。
地デジ放送を受信するために、UHFアンテナとチューナー(あるいはデジタル放送対応テレビ)は必須アイテムとなります。

また、アナログ放送との大きなちがいとして、デジタル放送視聴には”B-CASカード”というものが必要になります。
これは、デジタル情報が複製がとても簡単に作られてしまうため、無断で映像データをコピー・転用されぬよう、このカードがそれを防止する役割を果たすのです。

地上デジタル放送では、信号がデジタル化することによって、高画質・高音質のデータが送受信されることを可能にし、録画予約が簡略化されたり、データ放送、双方向通信、マルチ画面の編成、字幕放送など、多機能なテレビ放送が実現されています。


▽推薦サイト
地上デジタル放送が受信できる地デジアンテナ工事を行っている業者のサイトです ⇒ 地デジアンテナ